What's New

2012.11.01 マンション管理費見直しセンターのホームページを公開しました。

Twitter

マンション管理費見直しセンター - 管理費削減なら当センターへご相談下さい。大阪にてご相談をお受けしております!

マンション管理費見直しセンター 3つのポイント

3つのポイント

マンション管理費見直しセンターの仕組み

マンション管理費見積りセンターの仕組み
マンション管理費が適正でない。
今まで、マンション管理会社を変更していない場合、その管理費が適正でない可能性が高いといわれています。マンション管理費を下げるには、複数のマンション管理費会社に相見積もりをして、検討することが重要です。ちょっとした行動によって、マンション管理費が下がって、月々の支払いが下がるとしたら。。。やってみて損はないですよね。
ご相談は無料
お問い合せはこちら

どうして、マンション管理費が安くなるの?

マンション管理費の見積り
例えば、マンション管理会社によって管理の仕方や価格設定に違いがあるため、マンション管理費が違ってきます。多くのマンション管理会社に見積りをとることによって、十分な管理を安価で提供しているマンション管理会社を選ぶことができます!複数のマンション管理会社に見積りを出すことは、今や当たり前のことになってきています。今までの付き合いや変更が面倒だという理由でそのままにしていて、大きな損をしているかもしれません。

コストだけなく、管理会社によって、管理の充実度合いも違います。

コストが上がらず、住民の方に喜ばれる管理を実現することも可能な場合があります!

見積りは無料
多くの管理会社からの見積りをじっくりご覧いただき、お住まいのマンションにとって最適な管理会社を選んでは如何でしょうか?安心・快適な生活のために、管理会社を再検討しましょう!見積りは 無料 です!まずは、お気軽に快適生活のための見積り依頼!
見積りの方法

上記の手順で、複数のマンション管理会社からお見積りが届きます。

マンション管理会社様と契約を前提とした見積りではありませんので、お気軽にマンション管理会社にお問合せ下さい。

 

ご相談は無料
お問い合わせはこちら

マンション管理見直しセンター 代表からのご挨拶

北端秀行

マンション管理費見積りセンターは、”適正価格”・”適正管理”をキーワードとして活動しております。マンション管理業者と管理組合では、業者の方に圧倒的に専門知識があります。そのため、マンション管理費が適正価格よりも高く設定されていることが一般的だといわれています。このような不公平な状況を打開すべく、このマンション管理費見積りセンターを開設しました。多くの方にこのマンション管理費見積りセンターをご利用頂き、適正なマンション管理・運営して頂ければ皆様の幸せにつながると信じております。 

マンションを満室にしませんか?

住居者の方は、マンション管理費や修繕積立金のことが気になりますよね?

そして、マンションやビルのオーナー(所有者)の方は、空室が気になっていることでしょう。

当マンション管理費見直しセンターの運営会社の株式会社F・P管財の関連事業で、賃貸物件を満室にするサービスがあります。

オーナーの方は、この機会に是非お問い合わせ下さい。

マンション・ビルの満室経営サポート

家賃滞納問題を解決しませんか?

マンションを経営しておられる方の頭を悩ましている問題の大きな一つに、

家賃、マンション管理費、修繕積立金を滞納している住人がいるということではないでしょうか?

いくら、管理費を見直したとしても、払ってもらえなけえば意味がありません。

家賃の滞納はプロに任せることが解決の一番の近道です。

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

家賃滞納解決センター

高齢者の住居を確保しませんか?

高齢者(おじいちゃん、おばあちゃん)の住居が不足して、社会問題化しています。

オーナーの方がリスクを心配して高齢者にマンションを貸すのを躊躇するというのも理解できます。

しかし、それでは、この社会状況を打破出来ない。

そこで、当マンション管理費見直しセンターの運営会社の株式会社F・P管財がそのリスクを引き受けます。

オーナーの方は、マンションの居住者を増やすことが出来るため、大きなメリットがあります。

それに、ご自身が社会貢献しているなんて、嬉しいですよね。

ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。

高齢者向け賃貸

マンション管理費見直しセンターのスタッフブロクです!

2017年

2月

10日

首都圏中古マンション成約件数、5ヵ月連続の増加/東日本レインズ

 (公財)東日本不動産流通機構(東日本レインズ)は10日、2017年1月度の首都圏不動産流通市場動向を発表した。

 

 同月の首都圏中古マンション成約件数は2,861件(前年同月比7.8%増)と、5ヵ月連続で増加した。都県別では、東京都が1,495件(同15.7%増)、埼玉県が344件(同2.8%減)、千葉県が337件(同0.6%増)、神奈川県が685件(同1.6%増)。

 

 1平方メートル当たりの成約単価は49万3,500円(同5.4%上昇)、成約単価は3,138万円(同5.1%上昇)となり、いずれも13年1月以降49ヵ月連続で前年同月を上回った。

 

 新規登録件数は1万6,362件(同3.7%減)。在庫件数は4万3,631件(同6.1%増)となり、20ヵ月連続で増加した。

 

 一方、中古戸建ての成約件数は847件(同12.6%減)と2ケタ減に。平均成約価格は3,103万円(同0.4%低下)で4ヵ月ぶりに前年同月を下回った。

 

 

 

http://www.re-port.net/news.php?ReportNumber=50847

 

続きを読む

2017年

2月

03日

不動産「買い時だと思う」44.6%、「金利は上がっていくと思う」36.1%、野村不動産アーバンネット調べ

野村不動産アーバンネット(株)は、このたび、「住宅購入に関する意識調査(第12回)」を実施し、その結果を発表した。

調査時期は2017年1月12日(木)~1月19日(木)。対象は不動産情報サイト「ノムコム」会員約178,000人(2017年1月1日時点)。有効回答数は1,339人。

不動産が買い時かどうかでは、「買い時だと思う」「どちらかと言えば買い時だと思う」を合わせた44.6%(前回比3.5ポイント減)が「買い時」と回答した。一方、「買い時だと思わない」の回答は31.2%(前回比3.4ポイント減)で、「買い時だと思う」と「買い時だと思わない」の回答がともに減少し、「わからない」の回答が増加した。

今後の不動産の価格については、「下がると思う」は27.3%(前回比3.4ポイント減)となり、「上がると思う」の回答23.2%(前回比1.4ポイント減)を上回ったが、「下がると思う」の比率が減少したのは、2013年7月調査以来3年半ぶり。

住宅ローン金利については、「金利は上がっていくと思う」が36.1%(前回比13.6ポイント増)、「ほとんど変わらないと思う」が45.7%(前回比13.7ポイント減)、「下がっていくと思う」が4.3%(前回比4.0ポイント減)だった。

また、現在、持家で売却意向がある方に、「不動産の売り時感」を聞いたところ、「売り時だと思う」「どちらかと言えば売り時だと思う」を合わせた71.7%が「売り時」と回答。東京都在住の方に絞ると「売り時」は86.3%となった。理由は、「不動産価格が上がったため」が最も多く46.0%、次いで、「住宅ローンが低金利で買主が購入しやすい環境だから」が40.1%だった。

ニュース情報元:野村不動産アーバンネット(株)

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170203-00128067-suumoj-life

 

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

27日

世田谷区が2冠! 新築マンション&一戸建て、首都圏人気エリアランキング

オウチーノが運営するオウチーノ総研はこのほど、「2016年、人気の高かった市区町村ランキング[新築マンション・新築一戸建て/首都圏編]」を作成・発表した。同ランキングは、住宅不動産サイト「O-uccino」新築サイトのアクセス数をもとにランク付けして集計したもの。調査期間は2016年1月1日~12月31日。

○東京都世田谷区が2冠

1位となったのは、新築マンション編・新築一戸建て編ともに「東京都世田谷区」だった。前年の新築マンション編ランキングでは、1位「東京都中央区」、2位「東京都千代田区」、3位「東京都港区」に次ぐ4位という結果だったが、新築マンションの価格高騰を先導してきた都心の3区を抑えてのランクアップとなった。

一方で、新築一戸建て編においては、オウチーノ総研が調査を開始した2013年から4年連続で1位をキープしている。「東京都世田谷区」は成城や自由が丘などの高級住宅地や、下北沢などサブカルチャーの街のほか、高感度なエリアとして再開発が進む二子玉川、一人暮らし世帯も多い三軒茶屋など、エリアによってさまざまな顔を持つのが特徴だ。

オウチーノ総研によると、都心の新築マンションや郊外の駅近・大規模マンションなどの価格が高騰するなか、駅から少し離れた住宅エリアに建設されることの多い「東京都世田谷区」の新築物件は割安感もあり近年見直されているという。また、馬事公苑(こうえん)や世田谷公園などの大きな公園や、目黒川や多摩川といった河川も多く、23区内では練馬区に次いで2番めに高い緑被率を持つなど、自然豊かで子育て環境に恵まれているため、ファミリー層からの人気も高いとのこと。

○新築マンション上位は都心エリアに

新築マンション編の2位には「東京都港区」、3位には「東京都中央区」がランクインし、都心の2区が続く結果となった。「東京都港区」は虎ノ門や新橋、芝といったビジネス街のほか、青山や六本木、赤坂などの商業エリアもあり、職住近接を望むビジネスパーソンの需要が高い。また、JR山手線の品川駅~田町駅間にできる新駅など、区内で多くの再開発計画があり、住居の共有も多く予定されているという。

3位の「東京都中央区」では、特に旧日本橋地区と呼ばれる東側のエリアでマンションの供給が盛んに行われている。また、勝どきや築地といった下町エリアや、日本橋や八重洲などの大商業地帯でも大規模な再開発が続いているほか、晴海エリアに新設予定のオリンピック選手村は大会後に一般開放される予定となっている。

ほか、8位「東京都江東区」、9位「東京都台東区」など、イースト・トーキョーと呼ばれ注目されているエリアもランクインした。活発な住宅開発が続き、都心へのアクセスも良好なため割安感があり人気が高まっているという。また、住吉駅に東京メトロ有楽町線が延伸される計画があるなど、交通インフラの整備によって資産性や将来性も高まることが評価されているとのこと。

○新築一戸建てはベッドタウンが人気

新築一戸建て編では、2位に「埼玉県さいたま市浦和区」、3位に「千葉県船橋市」、4位に「神奈川県横浜市青葉区」がランクイン。ベッドタウンが上位を占める結果となった。

「埼玉県さいたま市浦和区」は、埼玉県庁やさいたま市役所が置かれる県政の中枢であり、国内屈指の公立進学校と言われる県立浦和高校など、有名校も多く点在する文教都市。公園や自然も多いため、子育てに適した街となっている。

「千葉県船橋市」は、交通の利便性が抜群のエリアだ。船橋駅でJR総武線・東武野田線が使え、隣接している京成船橋駅でも上野と成田空港を結ぶ京成本線が利用可能。さらに、西船橋駅にはJR総武線のほか、埼玉県から神奈川県までをつなぐJR武蔵野線、都心のビジネス街まで1本で通勤できるJR京葉線や東京メトロ東西線、東葉高速線と5路線が乗り入れる。人口も年々増加しており、船橋駅前には大型ショッピングモールやIKEAなど、商業施設のオープンが相次いでいる。

「神奈川県横浜市青葉区」は東京都町田市と隣接する地域であり、都内への通勤・通学者が多い。区内には東急田園都市線、こどもの国線、横浜市営地下鉄ブルーラインが走っており、東京メトロ半蔵門線と乗り入れている東急田園都市線を使えば、渋谷駅や永田町駅、大手町駅など都心へ乗り換えなしでアクセスできる。

これらの結果についてオウチーノ総研は、「都心の地価高騰の影響を受け、アクセスが良く、かつ都心と比べるとリーズナブルな郊外の人気がより高まったと考えられる」と分析している。

http://news.livedoor.com/article/detail/12596120/

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

20日

マンション発売、24年ぶり低水準=価格高騰で需要冷え込み―16年首都圏

 不動産経済研究所が19日発表した2016年の首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉各都県)の新築マンション発売戸数は、前年比11.6%減の3万5772戸で、バブル崩壊後の1992年以来24年ぶりの低水準となった。所得が伸び悩む中、人手不足に伴う施工費の高止まりで価格が高騰した結果、需要が冷え込み、業者が発売を絞る動きが広がったため。前年割れは3年連続。

 発売した月に契約が成立した物件の比率は68.8%。好不調の目安とされる70%をリーマン・ショック後の09年以来7年ぶりに下回った。

 1戸当たりの平均価格は0.5%下落し、5490万円。ホテルとの用地獲得競争の激化で「億ション」と呼ばれる高級物件などが減少したことが影響した。

 同研究所は発売戸数が低水準にとどまった要因について「業者が人気の高い立地を厳選し、郊外で開発を手掛けない傾向にある」ためと分析。また中古物件を改修する「リノベーション」の広がりで、「新築は選択肢の一つに過ぎなくなった」と指摘する。 

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000098-jij-bus_all

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

13日

豪邸すぎる47.5億円の東京物件 「スーモで売り出し中」の衝撃

あなたは「50億円の豪邸」と聞いて、何を想像するだろうか。そこかしこに吊るされたシャンデリア、大理石を惜しげもなく使った内装、舞踏会でも開けそうなほど広い部屋、美しいらせん階段......

そんな条件を備えた大豪邸が、東京・駒込にある。13LDKという豪華な間取りで、新築「未使用」。しかも、不動産サイトで売りに出されており、ネット上で驚きの声があがっている。

 

 

 

ヨーロッパ製の家具、照明器具が完備

「大和郷に佇む世界各地の大理石をふんだんに使用した耐震構造100年の長期優良住宅。ヨーロッパ最高級の家具・調度品を備え付けた大使館さながらの室内」

リクルートの運営する不動産ポータルサイト「suumo」(スーモ)の物件ページに、こんな紹介文がある。ページの公開日は2017年1月9日と、つい数日前だ。

紹介されているのは、東京・駒込にある947平方メートル、13LDKの新築1戸建て(2015年12月築)。価格はズバリ、47億5000万円。サイト内検索をしても、文京区内にある他の新築1戸建てで最も高く、2位の「5億6000万円」を引き離していた。

思わずひるむ額だが、掲載写真を見る限り、城や宮殿と見まがうほどの豪華さだ。

大理石や漆喰で埋め尽くされた床、天井。美しいカーブを描くらせん階段やバーベキューもできる広い中庭も見どころだ。

さらに、イタリアやイギリス、スペイン製の家具や照明器具、果てはオーストリアの老舗ピアノメーカー「ベーゼンドルファー」のピアノやビリヤード台まで完備しているという。

「支払シミュレーション」→1か月1700万円35年プラン

贅を尽くしたこの物件は1月11日ごろから早速、ツイッターで話題となった。

「宝くじが当たっ......ても買えねーよ」
「文京区が買って美術館か何かとして運用すべき」

と驚きの声が相次いでいる。

せめて外観だけでも見たい、と記者は11日に現地を訪れた。駒込駅(JR、東京メトロ)を降り、都道455号線をまたぐ。都立庭園の「六義園」にぶつかれば、塀沿いに南西方向へ歩き、「文京学院前」交差点を目指す。交差点前の閑静な住宅街の一角に物件はあった。大理石で作られた白い外壁は美しく、ときおり太陽の光に反射して艶めく。門構えや窓のデザインは、宮殿を連想させる重厚さだ。「白亜の殿堂」という言葉を思い出した。

周囲には瀟洒な1戸建て群、目の前に六義園といった贅沢な環境に加え、紹介ページに「JR山手線『駒込」』歩6分」とある通り、駅へのアクセスも抜群だ。

帰路にスマホで、ページ下にある「支払シミュレーション」を何気なくクリックすると、25年、30年、35年のローン返済プランが表示された。最長の35年だと、1か月の支払額はおよそ1700万円になるそうだ(頭金なし、年利2.8%の場合)。

http://news.livedoor.com/article/detail/12535053/

 

続きを読む