What's New

2012.11.01 マンション管理費見直しセンターのホームページを公開しました。

Twitter

「持ち家派」vs「賃貸派」:どちらが賢いのか? 前編

 

何年もコツコツとお金を貯めた末に、原文筆者は先日、家を買いました。それが友人たちには意外だったようです。「『持ち家派』ではないと思っていた」のだとか。筆者が賃貸住宅の良さは過小評価されているとつねづね主張しているために、そう思ったのだそうです。

 

自分の家を持つようになった今でも、賃貸の良さが正しく理解されているとは思っていません。でも、だからといって、家を買うのが誤った決断だとも思いません。「持ち家か、賃貸か」という議論は概して無意味です。その2つの選択肢のあいだには、誰も目を向けない、どっちつかずのグレーゾーンが存在しているのです。

 

「持ち家」か「賃貸」かに、唯一の正解はない

家を買うことはこれまでずっと、経済的成功の指標とされてきました。けれども、リーマン・ショックを引き起こした「サブプライム住宅ローン危機」がその考え方を覆し、家を購入することが必ずしも賢い選択ではないのだと気づく人が増えました。それどころか、筆者が最近目にした記事の多くは、住宅購入は愚かな決断であると言い切っていたほどです。少なくとも、見出しではそのように煽っていました。そういった記事も、詳しく読んでみると、住宅購入は賢い選択肢にもなりうると説明しています。とはいえ、読者に印象づけたいことは見出しの部分に書かれるものです。そしてそれは例えば、「家を買うのは、賢明な投資どころか愚の骨頂だった!」みたいな調子なのです。

 

私たちはこれまでずっと、マイホームを持つことがいかに素晴らしいかを散々聞かされてきましたが、今では話はまったく逆転しています。住宅の購入は経済的に見て賢い選択だと何年も信じてきたのに、ここにきて、お金のことを考えればこれ以上ないほどの愚かな決断だと考えられるようになったのです。それはなぜでしょうか。その理由を突き止めるために、持ち家派と賃貸派、双方の言い分を見てみましょう。

 

持ち家派はたいてい、次のように主張します。

 

・ローンの支払いが終われば家は自分のものになり、住居費を払わなくても済むようになる。

・長期的に見て、家の価値が、ローンと利息、税金、維持費の総額より大きければ儲けが出るし、そうでなくともプラマイゼロにはなる。

・税額控除が受けられるので、持ち家にかかるコストの一部を埋め合わせられる。

 

賃貸派も同様に、説得力のある主張を展開します。

 

・家を所有できても、ローン利息や税金に相当なお金がかかる。

・賃貸だって、お金をドブに捨てているわけではない。家賃は、住む場所を確保するための必要経費だ。

・家を買うことで、機会費用が生じる(平たく言えば、別の何かをする機会が失われる、ということです)。例えば、頭金や税金、保険金、利息の分のお金を、投資や貯蓄に回す選択もあったはず。

・家を買ったあとにも、修繕費や維持費などが必要になるけれど、賃貸ならばこうした出費は不要。

 

こうした主張はどれも妥当なものですし、筆者自身も、住宅購入を決断する際には考慮しました。ただし、それぞれの主張には「個別の事情」という不確定要素がかなり絡んでいますから、持ち家と賃貸のどちらかひとつが正しいと言い切るのは意味がありません。そういった不確定要素こそが大事なカギを握っているので、あいまいな点を残したまま議論したところで無駄なわけです。持ち家と賃貸のどちらが良いかの答えは、家賃の額やローンの利率といった具体的な要素で決まります。家を買うことは確かに、経済的に見て賢明ではない場合もあるかもしれませんが、そうではないケースも少なくないのです。

 

すなわち、一方の選択肢だけがいつも絶対に賢明だとか、もう一方はどんな場合にも愚策だとかいうわけではないのです。従来の考え方や、最近やたらに書き立てられている記事のせいで、一方だけを正しいと思いこまされているのにすぎません。結局は、あれこれそろばんを弾いてみないとわかりません。家を持つことに対する考え方を改める必要があるかもしれませんが、ともかく大事なのは、自分の資産を守ることです。

 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160519-00010001-biz_lifeh-life