What's New

2012.11.01 マンション管理費見直しセンターのホームページを公開しました。

Twitter

主要企業決算と住宅指標の発表が目白押し=今週の米株式市場

[17日 ロイター] - 19日から始まる週の米株式市場では、多くの米主要企業の四半期決算発表が予定されており、結果次第では8月半ばから続く上値抵抗線を試す展開となりそうだ。

この週には、グーグルの持ち株会社アルファベット<GOOGL.O>、AT&T<T.N>、ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>、マクドナルド<MCD.N>、マイクロソフト<MSFT.O>、キャタピラー<CAT.N>などの決算発表が相次ぐ。

グーグルから社名変更したアルファベットは22日発表する第3・四半期決算で、前四半期に続き、利益が市場予想を上回るかが注目される。

同じく22日に決算発表予定のアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は、北米での売り上げ増やウェブサービス事業の好調で、売上高はアナリスト予想を上回るとみられている。 この週に発表される経済指標は住宅関連が大半を占める。

20日に米商務省が発表する9月の住宅着工件数は年率換算で前月からの増加が予想されるほか、9月の建設許可件数も前月比で増加するとみられている。全米リアルター協会(NAR)が22日発表する9月の中古住宅販売も前月からの増加が見込まれている。

一連の住宅指標が予想通り、住宅市場の力強さを確認する内容となれば、フィラデルフィア住宅建設株指数<.HGX>をはじめ、住宅関連株は上昇する可能性がある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151019-00000001-reut-bus_all