What's New

2012.11.01 マンション管理費見直しセンターのホームページを公開しました。

Twitter

NYクイーンズ、マンション値上がり-マンハッタンは高過ぎ

(ブルームバーグ):ニューヨーク市クイーンズ地区のコンドミニアム(分譲マンション)の価格は4-6月(第2四半期)、過去最高水準に急上昇した。マンハッタン地区の不動産価格値上がりの影響で買い手が購入できる物件を探して同地区以外に手を伸ばしている。

不動産鑑定のミラー・サミュエルと仲介のダグラス・エリマン・リアル・エステートが9日発表したリポートによれば、4-6月期のクイーンズのコンドミニアムの平均成約価格は57万5339ドル(約7000万円)で前年同期比20%上昇。イーストリバーを挟んでマンハッタンの対岸に位置するロングアイランドシティでは同28%上昇の106万ドルとなった。

マンハッタンの集合住宅価格が最高値を更新し、高根の花となったと感じる買い手らの間で、同地区以外での住宅購入需要が増えている。「格好いい」と人気のブルックリン地区は、平均販売価格が0.7%上昇し過去最高の78万8529ドルとなった。

クイーンズの全ての平均住宅価格は前年同期比9.1%上昇して45万2304ドル。取引件数は5.6%増の2539件となった。在庫水準が例年の平均を下回ったブルックリンの販売件数は17%減の1735件だった。

ミラー・サミュエルとダグラス・エリマンによると、クイーンズでの売却にかかる平均日数は92日。前年同期は110日だった。ほとんどが売り手の提示価格で成約しており、値下げで売却した件数は1%に満たない。


http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150710-00000045-bloom_st-nb