What's New

2012.11.01 マンション管理費見直しセンターのホームページを公開しました。

Twitter

空き家の行政代執行、京都市が撤去着手

 京都市は30日、倒壊の恐れがある上京区の空き家を撤去する行政代執行に着手した。市が行政代執行で空き家を解体するのは初めて。

 市によると、空き家は木造平屋の住宅兼工場(総面積67平方メートル)で、西陣織の工場として使われていたと見られる。登記上の所有者が2人いるが1人は死亡、1人も連絡がつかず、所有実態が確認できなかった。屋根が崩れ、倒壊の危険があるため、市が3月に撤去を求める公告を行っていた。

 この日、市職員が代執行宣言を読み上げた後、委託業者が建物内を確認し、立ち入りを規制するフェンスを設置した。5月11日に解体を始め、6月8日までに撤去する。

 市は、空き家の増加が周辺の住環境に悪影響を及ぼすのを避けるため、昨年4月、空き家の管理を適正化する条例を施行。損壊が激しい場合、所有者に是正を指導する。今回と同様の、損壊の激しい空き家は3月末現在で市内に195戸あり、うち90戸は所有者不明という。


http://www.yomiuri.co.jp/homeguide/news/20150501-OYT8T50115.html