What's New

2012.11.01 マンション管理費見直しセンターのホームページを公開しました。

Twitter

 福島県内地価上昇率、全国最大 上位10地点いわきの宅地

 国土交通省は18日、1月1日時点の公示地価を発表した。福島県内の住宅地、商業地、工業地を合わせた全用途の平均変動率は前年比2・4%増で、伸び率は全都道府県で最大となった。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故による避難者の宅地を求める動きが、従来に増して活発化していることなどが要因とみられる。いわき市の住宅地は、全国の調査地点(全用途)で変動率が上昇した上位10地点を占めた。

 地価の上昇により、個人や企業の所有する土地の資産価値が上昇する一方、宅地の購入が困難になったり、相続税や固定資産税が増えるとの懸念も出ている。 


 国土交通省土地鑑定委員会の本県代表幹事を務める不動産鑑定士の鈴木禎夫(よしお)氏(59)=郡山市=は、地価の上昇について「いわき市などで特に、住宅を購入しづらくなった」とみている。一方、都市部でマンションを建設するため土地を購入する動きが出ているとして、「復興需要をきっかけに、経済が好循環している」と話している。 


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150319-00000001-fminpo-l07