What's New

2012.11.01 マンション管理費見直しセンターのホームページを公開しました。

Twitter

省エネ住宅にポイント 10日から受け付け

省エネ性能の高い住宅を新築したり、リフォームしたりすると、省エネ家電や商品券などと交換できるポイントが得られる「省エネ住宅ポイント」の申請受け付けが10日に始まる。
 
消費税率引き上げの影響で低迷する住宅市場のてこ入れ策として期待される。
 
断熱性を高めるなど一定の省エネ基準を満たした住宅の新築や改築のうち、2014年12月27日以降に契約したものなどが対象。1ポイント当たり1円相当の商品券や省エネ家電、地域の特産品などと交換できる。例えば、省エネ性能の高い住宅を新築すれば30万ポイントが得られ、30万円分の商品券などに交換できる。窓や外壁の断熱化といったリフォームも最大30万ポイントもらえる。
 
同様の「住宅エコポイント」制度は09年、11年にも実施しているが、今回は完成済みの新築住宅も、原則として完成から1年以内であれば対象に加わった。
 
申請方法は、工事内容を記した書類を、国が委託した企業の事務所など各地の窓口に持参するか、専用事務局に郵送する。受け付けは15年11月末までだが、申請額が予算額(14~15年度で約900億円)に達すると期限前でも終了となる。
 
住宅業界の期待は大きく、住宅設備大手のリクシルは、3月から省エネ家電などをプレゼントするキャンペーンを始めた。工期が短いリフォーム専用のシステムバスルームなどを売り込み、受注拡大を目指す。
 
制度の詳細は、ウェブサイト(http://shoenejutaku-points.jp/)まで。
 
 

http://www.yomiuri.co.jp/homeguide/news/20150310-OYT8T50003.html