What's New

2012.11.01 マンション管理費見直しセンターのホームページを公開しました。

Twitter

賃貸不動産管理Q&A

空室が埋まらない場合がある?

不動産管理会社によって、その実力が違ってきます。

委託費が安くても稼働率が低い不動産管理会社では意味がありません。

複数の不動産管理会社を比較し、十分ご検討ください。

 

賃貸経営における将来の支出とは?

賃貸物件は、築年数が増えるに従って、資産価値が下がります。
新築時よりも家賃が下がる一方、設備修繕や大規模リフォーム・建替えなどの経費が増大します。不動産管理会社と管理契約の前に、家賃下落・修繕費用も計算した長期収益計画を確認する必要があります。

 

様々な管理契約があるが、どれが良いのだろう?

月額の家賃を保証する「一括借上契約」、期日まで家賃を集金する「集金管理契約」、入居者募集だけをする「一般媒介契約」など、様々な管理契約があります。

どれが良いかは、一概には言えません。

複数の管理会社に見積りをとって、比べてみることが重要です。


家賃の滞納はどうすれば良いのだろう?

賃貸経営で最も大きなリスクの一つが家賃滞納だといえます。

明確な督促基準を設けて迅速に対応し、それでも払わない場合は退室してもらう必要があります。そして、退室後は、すぐにリフォームを行って入居者募集をし、新しい入居者と契約すべきです。

このような対応は、管理会社毎に違いますので、注意深く検討しなければなりません。

 

物件が古くなった場合どうすれば良いのだろう?

現在、そして未来のマーケットを分析・予測して、新しい賃料設定、リフォーム検討、建替え検討を行わなければなりません。

入居者の新たなニーズに合わせて、物件をリニューアルし、新たな価値を創造すべきです。
リフォーム、建て替えに関しては、特に業者への相見積もりが重要です。

 

相続の準備をしようかと思うのですが、皆さんどうしているのだろう?

相続に関して、不動産を有効活用すべきです。

オーナー様の多くが相続を意識して収益不動産を保有されています。

相続に強い不動産管理会社も多数ありますので、複数の不動産管理会社から目的にあったところと契約することをお勧めします。

 

空室が増えてきた場合どうすれば良いのだろう?

空室の増加には、必ずといって理由が存在します。

賃料が周辺相場とかなり乖離している、設備がニーズと乖離している、もより駅の電車の乗り入れが変化した、近隣の企業や学校に通う人数が減少したなどが考えられます。

 

 

色々な悩みや不安があるでしょう。

 

しかし、行動することによって解決に向います。

 

まずは、複数の管理会社へ見積りを出してみては如何でしょうか?