What's New

2012.11.01 マンション管理費見直しセンターのホームページを公開しました。

Twitter

「マンションの修繕積立金に関するガイドライン」について

国土交通省のホームページからの引用です。


マンションのストック総数は約562万戸(平成21年末現在)、約1,400万人が居住する、我が国における重要な居住形態となっており、その数は着実に増加しています。
マンションの良好な居住環境を確保し、資産価値の維持・向上を図るためには、計画的な修繕工事の実施が不可欠であり、そのためには、長期修繕計画に基づき、適正な修繕積立金の額の設定を行うことが重要です。
一般に、マンションの分譲段階では、分譲事業者が、長期修繕計画と修繕積立金の額を購入予定者に提示していますが、修繕積立金の当初月額が著しく低く設定される等の例もみられ、必要な修繕積立金が十分に積み立てられず、修繕工事費が不足するといった事例も生じています。

このため、今般、国土交通省において、新築マンションの購入予定者に対し、修繕積立金に関する基本的な知識や修繕積立金の額の目安を示し、分譲事業者から提示された修繕積立金の額の水準等についての判断材料を提供するために、「マンションの修繕積立金に関するガイドライン」を作成しましたので、公表いたします。

 

※「マンションの修繕積立金に関するガイドライン」の本文は、国土交通省のホームページからダウンロードできます。 http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/mansei/manseikanri.htm

 

 

「マンションの修繕積立金に関するガイドライン」の概要
ガイドラインのポイント
機械式駐車場がある場合の加算額(B)
修繕積立金の積立方法について