What's New

2012.11.01 マンション管理費見直しセンターのホームページを公開しました。

Twitter

マンション管理費が高い理由

マンション管理費が高い大きな理由として、次のようなことが考えられます。

 

★マンション建設会社の関連会社が管理業務を扱うため競争原理が働かない。
★マンション管理会社が業務を丸ごと外注している為、金額が高くなる。
★マンション所有者(管理組合)が管理費用細目の適正金額を把握していない。
★マンション所有者(管理組合)が管理費用細目の専門知識を持っていない。
★マンション所有者(管理組合)が面倒がって、現状を変えたくない。
★マンション管理会社にクレームを言った場合、対応が悪くならないか心配で何も言わない。

 

当センターでは特に最後の理由が一番の原因であると考えます。

金額を下げた分だけ品質も下がるのではないだろうか?それならば、現状維持の方が良いと考えるは自然な流れです。

その後の管理会社との関係悪化を考えると気乗りしないのもわかります。

しかし、マンション管理費を削減すれば、その削減金額を、修繕積立金に振り替えたりや入居者に還元できます。そのため、将来の支出に対する不安を減少できます。

 

マンション管理費を適正な金額へ

マンション所有者(管理組合)がマンション管理会社に管理委託料として支払う費用(管理員、清掃及び建築・設備等の保守点検費用含む)は、実際には費用の細目が明らかにされていない場合や、支出と収入の項目に差異がある場合があります。そのような場合、その費用が妥当な金額なのかどうかが不明な場合が多いと考えられます。

当センターでは、そのようなマンション管理費にメスを入れるために、マンション管理会社に競争原理を持込み、適正な価格で、最適なサービスを住民の皆様にご提供することを目指しております。

 

まずは、無料一括見積りサービスをご利用して、マンション管理費の削減の第一歩を踏み出して下さい。