What's New

2012.11.01 マンション管理費見直しセンターのホームページを公開しました。

Twitter

マンション管理費見直しセンター - 管理費削減なら当センターへご相談下さい。大阪にてご相談をお受けしております!

マンション管理費見直しセンター 3つのポイント

3つのポイント

マンション管理費見直しセンターの仕組み

マンション管理費見積りセンターの仕組み
マンション管理費が適正でない。
今まで、マンション管理会社を変更していない場合、その管理費が適正でない可能性が高いといわれています。マンション管理費を下げるには、複数のマンション管理費会社に相見積もりをして、検討することが重要です。ちょっとした行動によって、マンション管理費が下がって、月々の支払いが下がるとしたら。。。やってみて損はないですよね。
ご相談は無料
お問い合せはこちら

どうして、マンション管理費が安くなるの?

マンション管理費の見積り
例えば、マンション管理会社によって管理の仕方や価格設定に違いがあるため、マンション管理費が違ってきます。多くのマンション管理会社に見積りをとることによって、十分な管理を安価で提供しているマンション管理会社を選ぶことができます!複数のマンション管理会社に見積りを出すことは、今や当たり前のことになってきています。今までの付き合いや変更が面倒だという理由でそのままにしていて、大きな損をしているかもしれません。

コストだけなく、管理会社によって、管理の充実度合いも違います。

コストが上がらず、住民の方に喜ばれる管理を実現することも可能な場合があります!

見積りは無料
多くの管理会社からの見積りをじっくりご覧いただき、お住まいのマンションにとって最適な管理会社を選んでは如何でしょうか?安心・快適な生活のために、管理会社を再検討しましょう!見積りは 無料 です!まずは、お気軽に快適生活のための見積り依頼!
見積りの方法

上記の手順で、複数のマンション管理会社からお見積りが届きます。

マンション管理会社様と契約を前提とした見積りではありませんので、お気軽にマンション管理会社にお問合せ下さい。

 

ご相談は無料
お問い合わせはこちら

マンション管理見直しセンター 代表からのご挨拶

北端秀行

マンション管理費見積りセンターは、”適正価格”・”適正管理”をキーワードとして活動しております。マンション管理業者と管理組合では、業者の方に圧倒的に専門知識があります。そのため、マンション管理費が適正価格よりも高く設定されていることが一般的だといわれています。このような不公平な状況を打開すべく、このマンション管理費見積りセンターを開設しました。多くの方にこのマンション管理費見積りセンターをご利用頂き、適正なマンション管理・運営して頂ければ皆様の幸せにつながると信じております。 

マンションを満室にしませんか?

住居者の方は、マンション管理費や修繕積立金のことが気になりますよね?

そして、マンションやビルのオーナー(所有者)の方は、空室が気になっていることでしょう。

当マンション管理費見直しセンターの運営会社の株式会社F・P管財の関連事業で、賃貸物件を満室にするサービスがあります。

オーナーの方は、この機会に是非お問い合わせ下さい。

マンション・ビルの満室経営サポート

家賃滞納問題を解決しませんか?

マンションを経営しておられる方の頭を悩ましている問題の大きな一つに、

家賃、マンション管理費、修繕積立金を滞納している住人がいるということではないでしょうか?

いくら、管理費を見直したとしても、払ってもらえなけえば意味がありません。

家賃の滞納はプロに任せることが解決の一番の近道です。

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

家賃滞納解決センター

高齢者の住居を確保しませんか?

高齢者(おじいちゃん、おばあちゃん)の住居が不足して、社会問題化しています。

オーナーの方がリスクを心配して高齢者にマンションを貸すのを躊躇するというのも理解できます。

しかし、それでは、この社会状況を打破出来ない。

そこで、当マンション管理費見直しセンターの運営会社の株式会社F・P管財がそのリスクを引き受けます。

オーナーの方は、マンションの居住者を増やすことが出来るため、大きなメリットがあります。

それに、ご自身が社会貢献しているなんて、嬉しいですよね。

ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。

高齢者向け賃貸

マンション管理費見直しセンターのスタッフブロクです!

2016年

9月

23日

「R65不動産」を運営する若者が見た、高齢者の住まい探しの現実

高齢者の住まい探しを手伝う不動産会社「R65不動産」は、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅ではなく、高齢者の「普通のお部屋探し」を専門に扱う会社だ。運営するのは、平成生まれの若者・山本遼さん。なぜ「高齢者専門」なのか。会社を立ち上げた経緯や背景、現在までの手応え、エピソードなどを聞いてきた。

(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

■高齢者が入居できる賃貸住宅はかなり少なく、内見ですらNGに

「会社の立ち上げは2015年5月ですが、今までに仲介したなかで最高齢のお客様は、85歳の方でした」とにこやかに話す山本さん。現在、15~20社程度の不動産管理会社と提携し、高齢者に物件を紹介する会社を運営しているが、見た目は“イマドキの若者”だ。

高齢者が賃貸物件を借りようとすると、室内を見学する「内見」ですら断られることが多く、感覚的には10件に1件くらいしかOKしてもらえないという。

「表立って断ることはありませんが、審査後に理由をつけてお断りされることが多い。先日、不動産会社が物件情報を確認するデータベース[レインズ]で、東京都内の賃貸物件で『高齢者向け』となっている物件を調べたところ、数%程度しかありませんでした」という。

山本さんは、以前勤務していた不動産仲介会社でこうした「高齢者の部屋が借りにくい問題」に直面、自分で会社を立ち上げようと決意。会社準備時には「シルバーライフ不動産」などと、「高齢者」を前面に押し出した社名を考えていたが、やめたそう。

「高齢者というと、すぐに支援の対象になってしまう。でもひと口に65歳、75歳といっても元気な人もいたり、働いていたりと、本当にさまざま。年齢で区切るのではなく、年を重ねても自分らしく暮らしたい、生活したいという思いを応援したかったのです」という。

やわらかな物腰で話す山本さん。先日、後輩には「山本さん、おじいちゃんみたいな話し方になっていますよ」といわれたそう

■高齢者の家が借りにくい問題、どうすれば解決する?

そもそも、高齢者が家を借りる際にネックとなる事情には、どのようなものがあるのだろうか。

「いくつか要素はあります。まず基本的にはお金の心配です。そしてお金の心配がない場合でもやはり大きいのは、高齢により突然亡くなってしまうケースです。純粋に人が亡くなるということの畏怖、そしてひとり暮らしで亡くなると発見されるまでに時間がかかることのリスクです。事件性はないのですが、特別な清掃が必要になる場合もあるなどが敬遠される理由です。また、“今でも若い人が借りてくれるし”と、そもそも高齢者に家を貸すという選択肢についてあまり考えたことがないという大家さんもいます」

こういった大家さんに対しては、不安・リスクをとりのぞく提案をしたり、実際に高齢者の方が入居して得られた大家さんのコメントなどをお伝えしているという。

「仮に入居者さんが亡くなったあとの対処ですが、火災保険の特約などをうまく適用することで、特殊清掃やハウスクリーニングなどの大家さんの負担を軽減することもできます。また、まだ実績はありませんが今はITが進化しているので、室内の人の気配を感じる“モーションセンサー”を設置するなど、テクノロジーでカバーできることもあります。ただ、個人的にはテクノロジーよりも、定期的に会う機会があり結果的に見守りにつながるような、あたたかみのあるコミュニケーションのほうがいいと思うのですが」と話す。

また、実際に高齢者の方が入居した物件の大家さんと話をしたら、(1)長く入居してくれる、(2)生活のマナーがいい、(3)クレームが少ない・感謝されるといった、高齢入居者ならではの良さを聞くことができたという。これらを他の大家さんや不動産仲介・管理会社に伝えているという。

一方で、部屋を探している高齢者側にも、さまざまな事情があるという。

「高齢者で家探しをしている人は、立ち退きなどを別にすれば、切羽詰まっていないことも多いので、なかなか決断できなかったり、家選びで必要な妥協ができなかったり、手続きに時間がかかったりすることも多いです。また、若い人と違って一度に何件も見学できないので、探し始めから決定までにかなり時間を要することが多いです」と苦笑する。

高齢者歓迎という賃貸物件は少ないため、「そもそもの選択肢が少なく、入居後の満足度まで聞けないが現在の悩み」

■パクリも大歓迎! 目標は「R65不動産」がなくなること?

朝6時30分に携帯電話が何度も鳴ったり、次のアポイントがあるのに玉ねぎをもらったりと、おじいちゃん、おばあちゃんたちとのエピソードはこと欠かない。

「起業後でいちばん印象に残っているのは、74歳の女性です。今まで住んでいたアパートの立ち退きが決まって、サバサバしているように見えたのですが、やっぱり部屋探しも苦戦して。ようやく部屋が決まったときには、涙ぐんでいました」と山本さん。再開発が進む東京ではこうした「立ち退き」で転居せざるを得ない高齢者も少なくなく、これまでに仲介した方の大半は建て替えなどの立ち退きが理由だったという。

「そもそも、自分が高齢になったときに賃貸が借りられる社会であってほしいという想いからこの事業をやっていて、社会の課題解決とかそういった気負いはないんです。それにそんな状態をつくれるのなら、自分のような高齢者専門の不動産会社が増えるなどのパクリだって大歓迎、“R65不動産”という会社がなくなるのが、最終的な目標なんですよ」

大家さんの中には、手すりをつけてくれる方などもいて、少しずつ、でも確実に理解者は増えている。しかし、高齢者の方のニーズ・好みも本来はさまざまなのですが、例えば築年数が浅め・デザインがおしゃれなどの選択肢はなく、まだまだ課題は多いもよう。

あわせて起業前に想像していたほど、自由な時間はなく、想定通りにいかないことも多いそう。会社をはじめて1年、次々とやりたいことがでてきてしまい、やりたいことの2割もできていないという。

「考え方で間違いなく影響を受けているのは、薬剤師だった祖母です。76歳まで薬局を運営し、病気が分かってからは自分で身辺整理をして、78歳で旅立ちました」。高齢者が単なる支援する側/される側ではなく、最後まで自分らしく暮らしたいという思いを、かなえるお手伝い。山本さんの挑戦はまだまだはじまったばかりだ。

●取材協力
・R65不動産

嘉屋恭子

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160920-00118207-suumoj-life

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

16日

SUUMO調べ、家の中でタバコ、あり?なし?

(株)リクルート住まいカンパニー(東京都千代田区)が運営する不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』は、住まいや暮らしに関する様々なテーマについてアンケート調査を実施し、調査結果を「SUUMOなんでもランキング」として紹介している。
昨今の禁煙ブームでタバコが吸える場所が制限されていたり、煙やにおいが少ない電子タバコが普及してきたりと、タバコをめぐる環境は急速に変化しつつある。家の中でも、煙がこもったり、壁にシミが付くからという理由で肩身の狭い思いをしている愛煙家も多いのでは?そこで今回のテーマはタバコ。自宅では愛煙家はどうしているのか、調査した。

【調査概要】
●調査時期:2016年4月6日~2016年4月7日
●調査対象者:全国の20~59歳までの喫煙者もしくは家族に喫煙者がいる男性83名・女性63名
●調査方法:インターネット
●有効回答数:146

【調査結果】
Q.あなた(もしくは同居している喫煙者の方)は、部屋の中でタバコを吸うことを許されていますか?(単一回答)
はい(吸うことを許されている・許している)61.6%
いいえ(吸うことを許されていない・許していない)38.4%

(前問で「いいえ」と答えた人へ)
Q.あなた(もしくは同居している喫煙者の方)は、帰宅後どこでタバコを吸っていますか?(複数回答)
1位:家の敷地内(ベランダ、庭、玄関、風呂場など)59.6%
2位:家の敷地外(近くのコンビニ、車の中、街の喫煙スペース、公園など)32.1%
3位:家に帰ってからはタバコを吸わない 8.8%

まずは、「愛煙家は家でタバコを吸えているのか?」について、結果は61.6%の人が「吸うことを許されている・許している」だった。意外と愛煙家は家の中でタバコを吸うことができているようだ。

では、部屋の中でタバコを吸えない人が「どこでタバコを吸っているのか」について、一番多かった回答は「家の敷地内(ベランダ、庭、玄関、風呂場など)」で59.6%。続いて「家の敷地外(近くのコンビニ、車の中、街の喫煙スペース、公園など)」で32.1%。部屋の中では吸えなくても、家の敷地内で吸えているという人が60%ほどいる結果となった。

家の敷地内で吸っている人のコメントとしては、「家の中ではにおいが染み付いてしまうので(ベランダ・26歳・男性)」、「換気扇もあるしヤニが付きにくい(お風呂場・32歳・女性)」、「家の中はダメなので必然的に(庭・42歳・女性)」など。におい、煙が気にならない場所でなら敷地内でも吸うことを許されている……という人が多いようだ。

敷地外で吸っている人は、「コーヒーとタバコで休憩(カフェの喫煙スペース・28歳・男性)」、「静かだし、煙草を吸いながらいろいろと考え事するとき丁度良い環境だから(公園・37歳・男性)」など。こちらは家の外に追いやられているが、意外とその状況を前向きに楽しんでタバコを吸っているようだ。

また、少数派ではあるが、「家に帰ってからはタバコを吸わない」という人も。これもTPOをわきまえた行動。必然的に吸う本数も限られるし、健康にもよいだろう。

場所はどこであっても、愛煙家にとって「タバコを吸える」ということ自体が至福のとき。家族や周りの人に嫌がられない程度にタバコを楽しむと良いのかも。また、ランキング内において、ベランダでタバコを吸っていると回答している人もいたが、マンションによっては規約で禁止されていたり、煙やにおいをめぐってご近所トラブルになることもあるので、ルールを守って喫煙しよう。

【主な回答】
●ベランダ:妊娠中のため、ベランダで吸ってもらっている。(29歳・女性)
●ベランダ:一番汚れないところだから。(47歳・男性)
●庭:家の中はダメなので必然的に。(42歳・女性)
●庭:においと煙にむせてしまう人がいるので。(24歳・女性)
●風呂場:換気扇もあるしヤニが付きにくい。(32歳・女性)
●近くのコンビニ:携帯灰皿を持ち歩かず、灰皿がある場所で吸わせるため。(25歳・女性)
●車の中:他の家族が家の中で吸うことを好まないから。子どもへの影響が心配だから。(47歳・女性)
●公園:静かだし、煙草を吸いながらいろいろと考えごとをするときに、ちょうど良い環境だから。(37歳・男性)
●家に帰ってからはタバコを吸わない:特に決めた訳ではないけど家では吸わないことになっている。(25歳・女性)

「SUUMOなんでもランキング」コーナー:住まいに関する様々なテーマについてアンケートを実施し、結果をまとめた記事を隔週で発表。

ニュースSUUMO

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160901-00117341-suumoj-life

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

09日

大阪の不動産会社が「ポケモンGO賃貸」 物件条件に「ポケストップ」? /大阪

大阪・本町の不動産会社「リアクトエステート」(大阪市西区西本町1、TEL 06-6556-9096)は9月1日、ポケモンGOの需要に応えた賃貸サービス「スマホアプリ賃貸 大阪」をリリースした。(船場経済新聞)

自宅マンションのコインランドリーのヌシを発見できることも

 スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」は、「歩いてポケモンを探す」というゲームの性質上、「家に帰るとほとんどプレーしないのでは」と同サービスを企画したという。

 賃貸物件を探す場合、通常は希望の居住エリアや条件から物件を探す。同アプリでは、ゲーム上の「ポケストップ」や「ジム」にアクセスできるかという条件でも検索できる。

 同社社長の川嵜さんは「ポケモンGOに限らず、不動産と他の何かの架け橋になるサービスを提供していきたい」と話す。

 申し込みはインターネットで受け付ける。対象地域は大阪市内。

みんなの経済新聞ネットワーク

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160901-00000003-minkei-l27

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

02日

「ヤギ」可の賃貸物件

 ◎…ヤギを放し飼いできるユニークな貸家が都城市高城町穂満坊に登場した=写真。仲介する同市の「ほっとらいふ不動産」の村田祐治社長(39)は「全国初の賃貸物件になったのでは」と話す。

 ◎…5LDKの木造平屋で敷地は庭や畑、裏山など含め1800平方メートルと広大。荒れていたためペット飼育を可能にすると、ヤギ2匹を飼う近くの家族が迷わず契約した。家賃5万3千円と格安という。

 ◎…小屋や樹木はヤギ用に残しつつ、9月の入居に向けて大幅な改修を進めている。広い敷地の草取りがネックだった貸家も、食欲旺盛なヤギと暮らす一家には、またとない好物件となったよう。

宮崎日日新聞

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-00008215-miyazaki-l45

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

26日

免震・制震・耐震ってどういう仕組み?

ここ数年、日本では大きな地震が立て続けに起きています。2011年には震度7を記録した東日本大震災、2016年には同じく震度7を記録した熊本地震が発生しています。地底で複数のプレートが重なり合う日本が「地震大国」と呼ばれているのはご存じの通りです。特に関東ではオフィスビルが建ち並ぶエリアも多く、「首都圏に直下型地震が来た時の地震対策は大丈夫か」という問題がしばしば論じられています。

地震への対策として、建物の「免震」あるいは「制震」「耐震」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。しかし、その意味まで詳しく知っている方は意外と少ないと思います。不動産を守るべきオーナーとしては、これらの仕組みをきちんと理解しておくことは大切です。そこで今回は、この3種類の地震対策について詳しくお話しします。

■耐震構造とは? 振動に耐える構造

まず「耐震構造」を簡単に言うと、柱や梁を強固に造ることによって、「地震に『耐える』こと」を目的にしたものです。一般的なマンションなどの集合住宅や、一昔前までのオフィスビルは耐震構造である場合が多いです。

地震に耐えることを目的にした構造ですので、「震動を逃がす」というより「震動が来ても耐えられるように造る」という考え方です。つまり、大きな地震が来た時には柱や梁にダメージを受けやすく、3種類の構造の中では、地震による建物の破損は最も大きなものになります。

また最近では柱や梁を頑丈に造るだけではなく、乾式間仕切り壁(石膏ボードを使用した壁)など、軽く丈夫な素材を使うという工夫もされています。これは、建物自体の質量を軽くすることで、地震の震動による建物自体の重さ(自重)による荷重を軽減するのが目的です。

最近のオフィスビルでは、耐震構造の採用は減少傾向にあります。しかし、マンションに関しては大規模物件でない限り、現在も耐震構造を採用するマンションが多いです。

■制震構造とは? 揺れを吸収する

制震構造とは、建物にダンパーという部材を設置することによって「建物の揺れを吸収する」仕組みです。ダンバーとは、自動車やオートバイのサスペンションをイメージしてもらえば分かりやすいと思います(あくまで理解しやすくするためのイメージです)。

そのダンパーを、建物の天井部分や壁部分に設置し、揺れを吸収してもらうのです。ダンパーをどの部分に、どのくらいの数を設置するかは、建物の構造や規模によって異なります。

たとえば、RC(鉄筋コンクリート)造りの高層マンションのような質量の重い建築物に関しては、すべてのフロアにダンパーを設置して各階で揺れを吸収します。一方で、軽量鉄骨造りなどの軽い建物では、最上階のみダンパーを設置したり、一部の壁部分にだけダンパーを設置したりして揺れを吸収します。

制振構造は、建物自体に揺れを吸収する部材を設置するので、外部からの衝撃にも強くなります。例えば、台風などによる強風の揺れもダンパーが吸収してくれます。

■免振構造とは? ゴムをはさんで揺れを建物に伝えない

最後に免震構造とは、建物の下部に揺れを吸収するゴム層を設け、地盤と建物を断絶させます。そうすることで、地震が発生した時に地盤の揺れを建物に伝えないという仕組みです。

耐震構造や制振構造との大きな違いは、「地中」で建物を絶縁しているという点です。

耐震構造では地中の硬い支持層まで杭を打ち、地盤と建物を強固にします。そうしないと、強い揺れが生じた時に建物の地下部分にある基礎部が地滑りや変形を起こし、建物が倒壊する恐れがあるからです。そのため地盤の揺れは建物にダイレクトに伝わり、損傷が大きくなります。

一方、免振構造はそもそも地中部分で「建物」と「揺れ」を断絶しているので、建物にかかるダメージが少ないのが特徴です。

■耐震・制振・免振それぞれのメリット・デメリット

3種類の耐震構造について、それぞれのメリット・デメリットを挙げておきます。

・ 建築コストについて
建築コストは、免震構造>制震構造>耐震構造という順番になります。免震構造は、土台部分から大規模な工事を行いますので、コストは一番高くなります。なお、既存のオフィスビルなどに地震対策を施す場合は、ダンパーを設置するだけの制震構造が最も容易にできます。

・ 建物の損傷リスクについて
建物の損傷リスクは、耐震構造>制震構造>免震構造の順番です。やはり、耐震構造は、揺れを「建物で受け止めて耐える」という発想のため、損傷のリスクはどうしても大きくなります。また、制震構造に関しては、どの程度ダンパーを設置するかによっても損傷リスクは変わってきます。

建物の地震への対策である3種類の構造について、理解を深められたでしょうか。それぞれのメリットやデメリットを把握した上で、自分が建てる投資物件にはいずれを選択するべきか、判断することになります。

コストに関しては、建物の規模によって大きく異なります。このため、いずれの構造を採用するにせよ、まずはどの程度のコストが掛かるのか、きちんと見積もりを取ることをお勧めします。その上で、リスクとリターンを鑑み、判断するのが最良の方法です。 (提供:民泊投資ジャーナル)

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160826-00000002-zuuonline-bus_all

続きを読む 0 コメント